HOME>注目記事>滋賀県の給湯器交換会社の数と給湯器故障のサイン

滋賀の給湯器交換会社の件数と集中地帯

滋賀県の給湯器交換会社はトータルで30件ほどあり、そのほとんどは大津、草津、栗東周辺に集中しています。

給湯器の故障のサイン

給湯時の温度が安定しない

設定した温度よりも熱すぎたり冷たすぎたりして安定しない

お湯はりや追い炊きができない

お風呂のお湯はり・追い炊きの両方、もしくはどちらかができない

給湯機から異音がする

運転音や発火音が以前より大きくなったり、異常な音を発する

給湯器が異臭や煙を発する

不完全燃焼の恐れがあり使い続けるのは危険

エラーコードが何度も表示される

部品の経年劣化によりエラーが発生している可能性が高い

オーソドックスな電気式

給湯器

滋賀でも選ばれることが多い給湯器の種類は、電気の力でお湯を温めるタイプです。あらかじめタンクに溜めておいた水を、電気料金の安い深夜帯に温める形です。標準で光熱費を安くする仕組みが備わっているため、コストを抑えられる可能性があります。また、災害など万が一のことがあっても、タンク内で作っておいたお湯はそのまま使用することができます。ただ、タンク内のお湯を使い切ってしまったら、改めて温める必要があるので、生活の規模に合わせたサイズのタンクを選ぶことが大切です。

瞬間的にお湯を作るガス式

給湯器

ガス式の給湯器も、滋賀で使用されることが多く、水道の水を短時間で熱湯に変えられるが特徴です。給湯器内の配管を流れる水を、ガスバーナーによって一気に加熱していく方法です。その性質上、お湯切れを起こしてしまうことがなく、必要な時に必要な分だけお湯を用意できます。ただ、大量のお湯を作るためには、それだけ規模が大きな設備が必要となるので、少し余裕のあるサイズを選んだ方が無難です。もし、生活の規模よりも小さいものを選択すると、必要なお湯を用意できるまでに長い時間がかかってしまうでしょう。

少しマイナーな石油タイプ

給湯器

電気やガスと比べると選ばれることは少ないですが、滋賀には石油を使用したタイプの給湯器もあります。基本的にはガス式と同じで、燃料としてガスの代わりに灯油を使用します。使用するためには灯油を補充しなければなりませんが、燃料のコストが安いという強みがあります。

広告募集中